家作りで大事なこと|気候特徴に合わせて注文住宅をつくろう|様々な住宅施工方法
女性

気候特徴に合わせて注文住宅をつくろう|様々な住宅施工方法

家作りで大事なこと

内観

利便性に重点を置く

大阪はこれまで北側のほうが環境が良いと言われていたが、最近は南大阪の住みやすさが話題になっている。中でも御堂筋線は南大阪内の沿線で人気が高く、一人暮らしをする人から絶賛されている。また、子育てしやすい環境でファミリー層にも好評だ。南大阪の都心側はディスカウントショップやセレクトショップ、人気のレストラン、アパレルショップがあり若者に人気がある。そんな南大阪で注文住宅を依頼するときは、家族のライフスタイルに合った土地選びが要となる。家はリフォームで変えることができるが、自分たちの都合でスーパーや郵便局を移動させることは不可能だ。後々になって後悔しないためにも、利便性に重点を置いて土地を選ばなくてはならない。

外溝も大切

注文住宅を建てて長く住めない理由は、ほとんどが近隣トラブルと言われている。注文住宅を建てるとき、近所づきあいが資材を厳選するのと同じくらい重要とされているのはそのためだ。まわりの方とうまくお付き合いするために、まずは境界線をチェックしておくべきである。また、木を植えるとき、葉っぱが隣に入らないように管理することも忘れてはならない。庭に干してある洗濯物の洗濯洗剤の香りで気分が悪くなり、トラブルに発展したという例もある。自分が良くて使っているものがほかの人に合わないこともあるので、細かい部分まで気を使わなくてはならない。また、注文住宅を依頼するときに家にばかり気を取られて外溝のことを忘れてしまう人も多い。門や塀、玄関まわりにかかる費用も必ず考えておくようにする。