自分の家を造る|気候特徴に合わせて注文住宅をつくろう|様々な住宅施工方法
女性

気候特徴に合わせて注文住宅をつくろう|様々な住宅施工方法

自分の家を造る

外観

言葉で伝えるより

家づくりは大変に微妙なもので、和洋折衷の外観にしたいとかリビングやダイニングはスキップフロアにしたいとか、玄関の壁にはくぼみがほしいとかいろいろなことを静岡の工務店に言葉で伝えても、具体的なイメージにたどり着くには時間がかかってしまいます。静岡の工務店に依頼する場合、多くの静岡の工務店は自由設計をうたって、お客様の注文通りに建築することをモットーにしています。施主からの注文を待つスタイルが定着していますから、きちんと工務店に注文を出してあげないと造りなれている無難なプランを提案されてしまいます。静岡の工務店の注文建築の持ち味を生かすためには、工務店を同行させてモデルハウスに行くことが効果的です。言葉で話すより実物を見たほうが、とてもわかりやすいからです。

モデルハウスの活用

自分たちの意見や希望を伝えるために、モデルハウスを活用する一方でモデルハウスの見学で、工務店を刺激して新しい工夫を引き出すという積極的な活用法もあります。これらは比較的に工務店が苦手としている、インテリアや収納に効果があります。多くのハウスメーカーの収納は、システム化されていて壁面全体を収納にしたり、デザインを一つに統一したりして、いかにもすっきりとしています。工務店にそういった現実を見てもらって、収納家具ばかりではなくドアや引き戸などの建具までコーデイネートできないかと課題を提示して、新しい工夫を引き出すきっかけにモデルハウスを活用していく方法もあります。ですがあまりに注文が多すぎると、家が完成するまでに時間がかかってしまうこともあります。